I do adore my Rolex GMT Master II fake watches and I’m often a sucker for any replica watch new Rolex GMT Master II duplicate view photo overview. I managed to own fairly a very good Rolex Replica reproduction Rolex GMT evaluation library on my site so be happy to click on the backlink at any time. I likely just like the Rolex rolex replica watches duplicate GMT Learn II over the Rolex Submariner replica view simply because of that more GMT hand and since it tends to make it glimpse a lot cooler compared to common Submariner that everyone goes for. They can be as simple to pass for originals since the very good replica rolex high quality phony Rolex Submariners nevertheless they do Replica Rolex really have to enjoy the portion well simply because we’re conversing right here about two on the most popular watches ever. Cleanse and obvious and looking good much like the first. I always similar to the two-tones better and this yellow gold and stainless-steel two-tone does the trick. Replica Watches Trusted Seller Bezel seems legit and the markings on it look fantastic much too. Markers and arms along with the whole dial is very well cloned. Day magnifier at three o’clock appears legit along with the date clicks nicely when established. Bezel includes a good tick when it rotates plus the bracelet matches the original in total. It is an additional Japanese automatic self-winding movement perfect for an each day wear. Even for occasional dress in you’ll not have to fear about it keeping time due to the fact these infants go for a few superior years and therefore are always dependable. GMT functionality performs like around the original so this wind up currently being a legit clone for your seriously excellent cost. Most likely this can finish up in a single of my cousin’s selection as I understand he’s a major enthusiast from the Rolex GMT Grasp II replica watches. I’ll have him operate for it slightly bit because an excellent searching replica Rolex similar to replica rolex this one isn't going to go away my assortment simply. Know the many small specifics and give-away particulars around the classic types such as this 1 mainly because these are definitely one of the most hunted and many worn originals and replicas alike. Wearing a superb reproduction Rolex GMT will pull attention and suspicion so make sure you know how superior high-quality seems like and have a legit watch.

2016年、寺社フェス「向源」xクウジットの共同研究活動ふりかえり

2016年をふりかえるシリーズ。寺社フェス「向源」とのコラボイベントが実現したのも2016年でした。除夜の鐘をききつつ、ふりかえりましょう。

2016/3/22 浅草・緑泉寺にて、右から、慶應SDM 保井先生、向源副代表 青江住職、そして、末吉。IoT幸せの光るタスキをつけて記念撮影。


【寺社フェス「向源」との出会い】

2015年5月に増上寺で開催された「向源2015」というイベント(Deep増上寺ツアーやトークショーなど)に一般客として参加しました。寺社フェス向源とは、宗派や宗教を超えて、神道や仏教などを含めたさまざまな日本の伝統文化を体験できるイベント。

「向源2015」のDeep増上寺ツアーに参加した。(2015/5/2)

そもそも「向源」を知ったのは、向源副代表/浅草・緑泉寺の青江覚峰(あおえかくほう)住職を、共通の友人であり仕事仲間である畑谷芳樹さん(Biotops/浅草・おと)を通して知り合ったのがきっかけです。

企画、デザイン、プロモーション関係のお仕事をしている畑谷さん。(※お坊さんではありません。)2016/3/22 浅草・緑泉寺にて撮影。

その後、青江住職から向源の取り組む活動について、お話を聞き、お互いの活動の情報交換がはじまりました。

向源xクウジットのコラボを具体的に考えはじめるようになっていったのには、いくつか理由がありました。

  1.  「空」と「実」をつなぐクウジット”のコンセプトは、般若心経の一節「色即是空 空即是色」からも由来しており、いつか仏教界とコラボしたいと考えていた。(クウジットの社名の由来は、こちら
  2. 向源2016は、寺社から飛び出て、日本橋界隈の街での活動にチャレンジすると伺い、「街での ヒト・モノ・コトを おもしろく!」をキャッチフレーズに活動するクウジットとしては、まさにコラボスタートする絶好のタイミングであろうと考えた。
  3. 芝大門・増上寺は、クウジットオフィスから散歩できるくらいの身近なランドマーク的存在であり、地元のお寺、大増上寺にて、イベント参画に関わり、ワークショップを開催できるのは光栄なことである。

そんな背景で、寺社フェス「向源」とのおつきあいがはじまりました。


【向源x慶應SDMxクウジットをつないだ 浅草・おと会談】

青江住職と、向源xクウジットで、お互いの興味と強みを持ち寄り、何ができるかを議論していく過程では、やはりさまざまなアイデアが生まれました。アイディエーションの場所は、決まって、浅草おと。畑谷さんのお出汁と日本酒のお店です。青江住職は、1週間に何度もここに訪れるくらいの常連なのです。

向源イベントは、100を超える公演やワークショップなど体験型コンテンツの集合体。たとえば、それらの施策での盛り上がりや笑顔計測してみるのはどうだろう?とか、今年は日本橋の街に出るのだから、人の流れ・混雑度を計測して可視化してみようとか、回遊促進や混雑回避のためのアプリを作ってみてはなどといった具合です。数あるクウジットの活動の中で、青江住職が、「これがいい!」と指名してくれたのが、慶應SDMxクウジットの共同研究活動であるエミーとゼニーのおカネに関するワークショップでした。青江住職は、MBAホルダーでもあり、エミーとゼニー的資質を最大限のバランスで持っているであろう方。「お寺」と「おカネ」の組み合わせによる教育的効果のみならず語感的なマーケティング効果や、そしてなにより向源でも「ありがとう」に関する恩送りの施策について何かやりたいよね。と、これまでも話に出ていたそうなのです。

そして、2015年2月9日、慶應SDM 保井先生と青江住職を浅草おとにて、お引き合わする会を実施しました。お2方ともそれぞれご自身が主催するワークショップや授業、セミナー等での講師講演でも各地を飛び回っており、共通の友人・知人も多く、話もはずみました。また、同席の向源2016事務局長の横川さん、デザイン企画の畑谷さん、みなそれぞれに特有のバックグラウンドとスキル、濃いキャラを持つメンバーで、意気投合してのスタートとなりました。

2016/2/9 浅草・おとにて。左から、横川さん、青江さん、保井先生、末吉、畑谷さん。

向源2016@増上寺での体験コンテンツとして実施可能か否か判断するために、まずは青江住職の浅草・緑泉寺にて向源関係者も体験してもらうために、エミー/ゼニーのおカネワークショップを実施しましょう!とあいなりました。お寺での開催バージョンを「お寺でおカネ」ワークショップと命名、向源2016の体験コンテンツとして正式決定して、実際に作りこんでいくには、ぎりぎりのタイミングでした。このあと、慶應SDMxクウジットの「人を幸せにするおカネ」を感じるワークショップ共同研究に、畑谷さん/坂田さん(Biotops)、本條さん(ソニーCSL)らにも参画いただき、おもに企画デザイン、運営面が加速されていきます。また、向源スタッフの数土さんは、1月に開催された慶應SDMのおカネWSに参加してくれていたことを知り、向源、おカネWSの双方を知って調整つないでくれる役として、たいへん助けられました。ありがとうございます。(慶應SDMxクウジットの共同研究については、こちらのエントリに譲ります。)

そして、3月7日浅草・緑泉寺での「お寺でおカネ」ワークショップを開催、関係者、参加者からの好評を得て、5月5日増上寺での開催も正式決定。いよいよ念願の増上寺ワークショップへ向けて、いよいよ開催する運びとなりました。

浅草・緑泉寺でのワークショップ開催の様子は、こちら

果たして、向源コラボと慶応SDM共同研究活動は、こうして、つながるべくしてつながった!のか、はたまた、無理やりつなげたのかは定かではありませんが、新しいことはじめるときは、まずは感じるままに、動いてアクション!そしてデザイン!and レビュー!そんな感じですね♪

「お寺でおカネ」イベント告知バナー


■ 5/5 向源xクウジット「お寺でおカネ」コラボワークショップ開催!

「向源2016」では、100を超える体験コンテンツが集まりました。

4/29 「意外と知らない正式参拝〜Deep神田明神〜」で初日スタート!向源2016とお寺でおカネWS成功祈願、一緒に参列させていただきました。(撮影:向源2016実行委員会より)

そして、「お寺でおカネ」ワークショップは、その中の1つ、5/5 最終日、増上寺会館で実施する企画となりました。

増上寺会館は、近年さまざまなイベントが開催されていますね。

向源2016 ALLスタッフで開場前に記念写真。がんばるぞー!(撮影:向源2016実行委員会より)

増上寺会館「妙音の間」で開催されました。向源2015では「お寺でお化け屋敷」が開催された場所でもありますね!

ワークショップ開始前に記念写真!(左から:坂田さん、まどかさん、畑谷さん、前野先生、友光さん向源代表、保井先生、末吉、飛鳥井さん、本條さん、小野さん)

ワークショップ開始前、準備中の様子。5/5 こどもの日、快晴なり。

向源2016最終日はじまりました!お寺でおカネWSは、おかげさまで満員御礼。

ワークショップ無事終了し、講師陣の前野先生、保井先生、青江さん(向源副代表)を囲んで、記念撮影!

「お寺でおカネ」@増上寺ワークショップの様子、「人を幸せにするおカネ」を感じるワークショップの様子については、「慶應SDMxクウジット共同研究ふりかえり(その2)」エントリもご参照ください。


■ ふりかえり

12月5日、浅草・緑泉寺で、「向源2016」イベント実施報告会が関係者向けに開催されました。ワークショップ開催後、ことあるごとに、中間報告は受けてましたが、正式に向源2016イベント全体のふりかえり、そして、向源2017へ向けての展望が語られました。

その場にて、「お寺でおカネ」ワークショップについても、青江副代表よりコメントいただきました。「お寺でおカネ」は、参加者にも、また、お寺関係者の方々にもたいへん好評いただき、向源2016にとっても、一緒に作り上げていくタイプのワークショップとして、チャレンジングな試みだったようです。

「向源2016」実施報告書(向源2016実行委員発行)内の「お寺でおカネ」部分について抜粋共有いたします。


上記、報告書内にも、参加者の感想がありますが、その他についても、いくつか実際のワークショップ参加者の声を紹介いたします。

  • 社会の仕組みを変えることで人間の行動パターンをかくも変えるのかと思いました。(30代 男性 公務員)
  • ありがとう最大化という考え方は、ゼニーの最大化と両立する気がする。ゼニー、エミーの両方のセッションができて楽しかった。普段の生活の中でゼニーとエミーの両方の視点を意識していきたい。(40代 男性 会社員)
  • お金とちがって、無制限のエミーは手放して与えないと意味がないので、しだいに疲れてきた。”ありがとう”の安売りもありがたくないものだとわかった。感謝は貯められない。じっとしていてお金を生むこともあるが、人に感謝されるには自ら動くことが大切。この両者が共存するとなかなか良いと思う。(女性 会社経営)
  • EmmyとZenyは、バラバラに循環するものではなく、両方が両輪で循環することが大事だと感じた。

「向源2017」の展望については、友光代表から語られました。2016年が寺社フェス「向源」が、寺社から街(日本橋界隈を中心に)に出た飛躍の年であった。2017年は、それを踏襲して着実のものとする。とのことで、2020年さらにその後を見据えたビジョンが語られました。詳しくは、「向源」公式サイト等にて、ご参照ください。2017年のボランティアスタッフ募集もはじまっているようですよ。

さて、向源xクウジットコラボPJをスタートした2016年。3月に「お寺でおカネ」ワークショップ@緑泉寺、5月に「お寺でおカネ」ワークショップ@増上寺を実施しました。実は、その後も、10月に向源xエスケープハントxクウジットとして「お寺で脱出ゲーム」を、やはり青江住職を起点にチームづくりをして、浅草・緑泉寺にて実験的に実施しました。(そのときの様子は、こちら。プレス発表会の様子終了報告)これらのコラボPJの成果や経験は、2017年以降、どのようにつながっていくのか、まだまだ未知数ですが、今後とも楽しみな展開です。その話はまた後日のふりかえりにて。(つづく)

2016/10/3-7 浅草・緑泉寺にて、エスケープハントx向源xクウジットとして、「お寺で脱出ゲーム」イベントを開催した

PS.
12/5 報告回イベントでは、向源2016で大人気だった2つのワークショップ(創香家・香司の今井麻美子さん講師による「和の香り作り/匂い袋」、そして、デジタル復元師の小林泰三さん講師による「賞道(しょうどう)/国宝をべたべたさわろう」)に特別に参加させていただきました。ありがとうございました! どちらも、たいへんおもしろい体験で、刺激的。特に、自分ならではの和の香りを作る体験では、私は「”空”と”実”をつないで、Love & Peace な香り」と無理難題を依頼し、つくってもらいました。名刺入れやお財布に挟んでます。私と名刺やおカネやりとりしたら、匂いをかいでみてくださいね!(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする