I do adore my Rolex GMT Master II fake watches and I’m often a sucker for any replica watch new Rolex GMT Master II duplicate view photo overview. I managed to own fairly a very good Rolex Replica reproduction Rolex GMT evaluation library on my site so be happy to click on the backlink at any time. I likely just like the Rolex rolex replica watches duplicate GMT Learn II over the Rolex Submariner replica view simply because of that more GMT hand and since it tends to make it glimpse a lot cooler compared to common Submariner that everyone goes for. They can be as simple to pass for originals since the very good replica rolex high quality phony Rolex Submariners nevertheless they do Replica Rolex really have to enjoy the portion well simply because we’re conversing right here about two on the most popular watches ever. Cleanse and obvious and looking good much like the first. I always similar to the two-tones better and this yellow gold and stainless-steel two-tone does the trick. Replica Watches Trusted Seller Bezel seems legit and the markings on it look fantastic much too. Markers and arms along with the whole dial is very well cloned. Day magnifier at three o’clock appears legit along with the date clicks nicely when established. Bezel includes a good tick when it rotates plus the bracelet matches the original in total. It is an additional Japanese automatic self-winding movement perfect for an each day wear. Even for occasional dress in you’ll not have to fear about it keeping time due to the fact these infants go for a few superior years and therefore are always dependable. GMT functionality performs like around the original so this wind up currently being a legit clone for your seriously excellent cost. Most likely this can finish up in a single of my cousin’s selection as I understand he’s a major enthusiast from the Rolex GMT Grasp II replica watches. I’ll have him operate for it slightly bit because an excellent searching replica Rolex similar to replica rolex this one isn't going to go away my assortment simply. Know the many small specifics and give-away particulars around the classic types such as this 1 mainly because these are definitely one of the most hunted and many worn originals and replicas alike. Wearing a superb reproduction Rolex GMT will pull attention and suspicion so make sure you know how superior high-quality seems like and have a legit watch.

2015年Koozyt初詣、ご祈祷ビフォーアフター!ハピネス度測ってみた

Koozyt代表の末吉です。
皆さま、旧年中は、たいへんお世話になりました。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

2015年、新年最初のTokyoZエントリーは、初詣イベントからのスタートです!
今年の初詣は、散歩がてらお参りにいける地元の芝大神宮にご祈祷をお願いしました。芝大神宮は、昔から”関東のお伊勢さん”としても親しまれ、1000年以上もの歴史を持つ神社なんですよ。

ありがたいご祈祷をしていただきますキャプション

昨年芝に移転したKoozytは、「実空間xHuman Augmentation」領域での第2章をはじめており、初詣イベントもKoozytらしい仕事はじめにしたいなと。

Koozytらしくキャプション

そこで、ご祈祷いただく前後でハピネス度を測ってみよう!ということを考えました。仮説としては、やはりご祈祷ビフォーアフターで、目には見えない心の動き、ご利益がなんらか可視化できるだろうと。Koozytでは、暦本さんがソニーCSLや東大で研究されているハピネスカウンター研究(2012年度グッドデザイン賞受賞)(※1)をベースに、企業や大学と共同研究開発を行っている背景もあり、これが2015年の初ハピネスカウントになります。テーマ的にも新年早々縁起がいいや!てなことで。

ありがたいご祈祷をしていただきますキャプション

ハピネスカウンター研究の一環で研究開発しているのが、今回利用したKoozyt秘密兵器「360度全周カメラ」です。広角カメラ3台を120度等角外向きに配置し、フルHD動画を3本同時に録画することができます。

360度全周カメラキャプション

今回は、どのように実際にハピネス度を計測するかというと、Koozytメンバー一同が全周カメラの周りに円陣を組んで整列し、ご祈祷ビフォーアフターの映像から表情など(笑顔度や顔の向きなど※2)を認識して評価、計測することにしました。

円陣シルエットちなみに、広角カメラ1台分は、水平180度、垂直120度ほどの画角がありますが、画像スティッチングの際のノリしろ部分を考慮に入れ、3台を用いています。また、長時間録画に耐えるため、カメラ機器の放熱とFAN制御が独自になっています。東大とのハピネスカウンター共同研究における全周カメラや関連ソフトは、内部的には岩波さん&みやぢ氏が継続して開発しているのですが、このバージョンは、東大暦本研&i.schoolワークショップとの共同研究のために制作しているものです。その研究成果は、またしかるべきタイミングで別途お披露目いたしますね。(※3)

円陣シルエット展開

3台分の広角カメラで撮影された動画は、画像スティッチング処理を行い横長パノラマに展開し、その後顔画像認識等を行った結果を動画上に、笑顔度マークや顔の向きなどでオーバーレイ表示しています。実際の解析結果は、動画を見てもらうとして、ご祈祷ビフォーは、やはりかしこまった固い表情をしてますね。

ビフォーキャプション

その後、神宮内にて、Koozytと愉快な仲間たち一同の「商売繁盛」と「心願成就」のご祈祷をいただきました。実際にご祈祷いただいた場面は、撮影できませんので、ihaman画伯(※4)によるご祈祷画を貼っておきます。

ご祈祷イメージ

無事にご祈祷済んで、再度円陣を組んで整列!ご祈祷アフターは、自然に顔もほころんで、心も体も軽やかに。

アフターキャプション

というわけで、結論!

結論キャプション

Koozyt我が社は、芝大神宮初詣におけるご祈祷ビフォーアフターで、当社比280%のハピネス度がアップしました!キリッ)

当社比キャプション

お、おう…まぁ、ハピネスは主観的なものですからw
「笑う門には福来る。」と昔から言います。福が来るから笑うのではない。笑うから福が来るのだ!なんとも笑顔には不思議な力がありますね。

本年もどうぞよろしくお願いしますキャプション

皆さまにとって、新しい年がハピネスあふれる一年になりますように!

その仕事は、[空]と[実]をつないでいるか

本年もKoozyt&TokyoZの実軸と虚軸とを行き来する複素平面上の活動をさらに推進してまいります。どうぞよろしくお願いいたします。(※6)

最後に、実際のご祈祷ビフォーアフターの映像を1分半程度の動画にまとめまてありますので、あわせてご笑覧ください。(by みやぢ氏※5)

※1 「ハピネスカウンター」は、日常生活の中で積極的に笑顔をつくることを促進する家電のコンセプトで、株式会社ソニーコンピュータサイエンス研究所、および東京大学情報学環暦本研が研究しています。
※2 「ハピネスカウンター」は、ソニー株式会社の顔画像認識技術を使用しています。
※3  東大暦本研&i.schoolとのハピネスカウンター共同研究の成果は、近々の対外発表の機会に別途お披露目したいと思います!ハピネスカウンターや笑顔ソリューションに関する共同研究、PoC(Proof of Concept), 社会実証等にご興味ある方は、ソニーCSL/東大情報学環の暦本研やクウジットまでご一報くださいませ。

iwanami-san-w-hc2

※4  初詣イベントそのものの様子は、同ihaman氏によるKoozytスタッフブログも公開されておりますので、あわせてご覧ください。

ihara-w-hc

※5  同みやぢ氏によるAquaCave研究向けの水中全天球動画撮影奮戦記は、こちら。この時は、6台のGoProを組み合わせ、スティッチング処理を行いました。
※6 「Koozytと愉快な仲間たち」として、TokyoZブログ上でのコラボ企画や、持ち込みネタを披露したい方がいらっしゃいましたら、お気軽にKoozytまでご連絡ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする