I do adore my Rolex GMT Master II fake watches and I’m often a sucker for any replica watch new Rolex GMT Master II duplicate view photo overview. I managed to own fairly a very good Rolex Replica reproduction Rolex GMT evaluation library on my site so be happy to click on the backlink at any time. I likely just like the Rolex rolex replica watches duplicate GMT Learn II over the Rolex Submariner replica view simply because of that more GMT hand and since it tends to make it glimpse a lot cooler compared to common Submariner that everyone goes for. They can be as simple to pass for originals since the very good replica rolex high quality phony Rolex Submariners nevertheless they do Replica Rolex really have to enjoy the portion well simply because we’re conversing right here about two on the most popular watches ever. Cleanse and obvious and looking good much like the first. I always similar to the two-tones better and this yellow gold and stainless-steel two-tone does the trick. Replica Watches Trusted Seller Bezel seems legit and the markings on it look fantastic much too. Markers and arms along with the whole dial is very well cloned. Day magnifier at three o’clock appears legit along with the date clicks nicely when established. Bezel includes a good tick when it rotates plus the bracelet matches the original in total. It is an additional Japanese automatic self-winding movement perfect for an each day wear. Even for occasional dress in you’ll not have to fear about it keeping time due to the fact these infants go for a few superior years and therefore are always dependable. GMT functionality performs like around the original so this wind up currently being a legit clone for your seriously excellent cost. Most likely this can finish up in a single of my cousin’s selection as I understand he’s a major enthusiast from the Rolex GMT Grasp II replica watches. I’ll have him operate for it slightly bit because an excellent searching replica Rolex similar to replica rolex this one isn't going to go away my assortment simply. Know the many small specifics and give-away particulars around the classic types such as this 1 mainly because these are definitely one of the most hunted and many worn originals and replicas alike. Wearing a superb reproduction Rolex GMT will pull attention and suspicion so make sure you know how superior high-quality seems like and have a legit watch.

お笑いイベントで笑顔計測~虎笑門~

こんにちは。

年の瀬も迫ってまいりましたがみなさまいかがお過ごしでしょうか。

今年もクウジットの笑顔計測ビューワー(リアルタイム版)、いろんなところで活躍しました。思えばちょうど3年前の12月、ニコファーレにて行われたニコニコ学会βのステージから客席の笑顔度を計測しライブ配信するという目的で生まれたこのシステム。ついに今年は「お笑いイベントでの笑顔計測」というど真ん中のユースケースで活用されることとなりました。そのイベントが、サンミュージックのお笑い芸人である三拍子さんのイベント 「虎笑門」です!新虎小屋で定期的に開催されています。

わたくし毎回オペレーターとして出動していますが、単に虎笑門見たい!というモチベーションで参加しております。

第三回虎笑門での笑顔認識の様子

システム解説

改めて笑顔計測ビューワー(リアルタイム版)の仕組みを簡単に説明しますと、笑顔計測の対象者(お客さん)に向けられた笑顔撮影キャメラで撮影された画像を笑顔計測マシーンで顔認識&笑顔計測、その結果をクウジットのハピネスサーバーに送信、それを受けて笑顔計測の結果をスマイルチャート表示マシーンにてリアルタイムで会場に表示しつつ、舞台裏のコントロール・マシーンで各演目の開始・終了時刻などをタグ付けし同じくハピネスサーバーに送信することで、終了と同時に各演目の笑顔度とそのランキングをプロジェクターに反映する、というシステムです。

虎笑門・システム図

ついでにランキング上位になった組をファンファーレ付きで発表する、「簡単・表彰システム」もついています!

虎笑門・傾向と対策

さて、虎笑門では「平均笑顔度でギャラが決まり、瞬間最高笑顔度で優勝者が決まる」という仕組みになっているのですが、今までこの「平均笑顔度」「瞬間最高笑顔度」の中身についてはあまり詳しく解説されていません。ということで、ちょろっと説明してみることにします。これから出演される芸人さんたちはここを見れば、もしかするとギャラも優勝も総取りできるかも!?

まず、笑顔認識は1秒間に30回程度の頻度で行われ、これはテレビ画像の更新間隔と同等のもので、なるべく笑顔の取りこぼしがないように配慮されています。つぎに、誰が笑顔認識の対象になっているか?ですが、これはカメラに写った全員が対象です(認識できる顔の数に上限はあるのですが、それは虎笑門の予定入場者数よりも高い値に設定されています)。カメラは事前に座っている全員の顔を捉えるように設置されています。ただ、動きのあるネタの場合、お客さんが顔を動かした結果 カメラから顔認識がはずれてしまうこともあるので、そのときは当然ながら認識されている人の顔だけが使われます。

そして、たぶん次が重要なのですが、一度に認識された笑顔度は必ず人数で平均し一つの値にして扱います。これが「単位時間ごとの笑顔度」です。「平均笑顔度」とは、演目の最初から終了までの「単位時間ごとの笑顔度」の平均値です。「瞬間最高笑顔度」とは、演目の最初から終了までの「単位時間ごとの笑顔度」の最大値です。

雰囲気的には「平均笑顔度が高い笑い」とは、演目の間中、常にほんわかした笑顔に満たされているような笑いで、「瞬間最高笑顔度が高い笑い」とは、一度に全員がどかんとくるような強烈な笑いなのではないかと思います(経験上瞬発力がないと笑顔度は一定以上の高い値にならないし、一人だけが笑っても瞬間最高笑顔度は獲得できないのです)。一方で、いわゆる「じわる」笑いや、特定の人のツボに入る笑いに対応できていないのがこのシステムの弱点かもしれません。つまり現時点ではこのシステムで計測される笑顔度はある一面的な尺度であるとも言えます。芸人さんたちには、このシステムにどう評価されようが 自分たちの笑いを貫いてやっていってほしいと虎笑門の1ファンとしては思います。

さて。今まで全三回の結果がこちらです。三拍子さんは主催側なので競っているのは前半の3組のみなさんです。

第一回虎笑門。優勝者はシャイニングスターズ。

第二回虎笑門。優勝者は閃光花火。

第三回虎笑門。優勝者はめいどのみやげ。

いままでの結果を見るに、終盤になるほど瞬間最高笑顔度が上がってきているのが見て取れます。もちろん各コンビの実力もあるでしょうけれども、もしかするとこれが「会場があたたまる」現象なのでしょうか。この傾向に気づいて、実は後攻必勝なのでは!?とちょっと思っていたところに、その予想を覆したコンビが 「めいどのみやげ」さんです。トップバッターにもかかわらず、平均笑顔度・瞬間最高笑顔度ともに高い値を出しています。そしてやはり、さきほどの仮説ではトリという有利な条件ではあるものの、今まで3回 安定して瞬間笑顔度の高さを見せているのは、三拍子さん。さすが 「ENGEIグランドスラムLIVE」の「同業者から見て本当に面白いと思う芸人」で一位に選ばれただけありますね!

他にもあるよこんな機能

さて、笑顔計測ビューワー(リアルタイム版)について、「簡単・表彰システム」は虎笑門のために追加した「ちょい足し機能」ですが、イベントのたびにいろんな機能を追加して来ましたので、今となっては使われていないものも含め、様々な機能を持っています。その一部をご紹介します。

簡単・表彰システムで出てくる映像(第三回優勝者、めいどのみやげ)

笑顔共起度測定機能

これは今年も何度か行われた「お題法話」シリーズで誕生した機能です。ただ「笑っているかどうか?」ではなく、話者と聴者の関係性の評価までできる機能です。詳しくは飛鳥井研究員の記事をごらんください。

注目度測定機能

これは聴者がどれだけ話者の方を向いているかを計測するものです。この機能はニコニコ学会βのときにすでについていたのですが、その後なぜか使われなくなりましたね。

バタン集計機能

昔なつかしい「へぇ~ボタン」のように、聴衆が「なるほど!」と思ったタイミングでバタン(ボタン)を連打すると、時間軸に沿ってボタンを押した回数の集計ができる機能です。異業種交流の場で使うために作られた機能ですが、その後は使われていません。

コイン排出機能

笑顔度に応じてゲームセンターでおなじみのコインを排出する機能です。これも異業種交流の場で、余興の賞品を決めるために作られたものです。

ルーレット機能

笑顔度となんの関係もない、ルーレット機能です。出たコインの枚数に応じて難易度が変わります。これはすでに別途作られていたルーレット機能をイベントのために無理やりくっつけたものですね。

笑顔計測ビューワーが異業種交流の場で使われている様子

ということで、ますます来年も貪欲に新機能追加していきます。

虎笑門ともども、笑顔計測ビューワー(リアルタイム版)よろしくおねがいします!

※おしらせ

虎笑門が開催されている虎ノ門・新虎小屋で忘年会が開催されるそうです。

2018年12月25日火曜日 11:00〜23:00 @新虎小屋 新虎小屋、
グリーンバード、 虎ノ門でごめんなさい忘年会、 グーチョキ2周年!
まるっと合同祭『虎ノ門においでな祭』 https://www.facebook.com/events/209738053272275/

14:00~16:00 は『虎笑~門』コーナーにて三拍子さんがお金の話をします。
21:00〜 は第一回優勝者のシャイニングスターズさん登場します。

第一回優勝者、シャイニングスターズ。

それぞれお楽しみに!

※ 笑顔計測ビューワー(リアルタイム版)は、クウジット株式会社が提供するKART顔画像認識ソリューション、およびソニー株式会社が開発した顔画像認識技術を利用しています。

The following two tabs change content below.

ono

2015年1月クウジット入社。空実創作エンジニアとして技術でリアルを楽しくすることを日々模索中。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする