I do adore my Rolex GMT Master II fake watches and I’m often a sucker for any replica watch new Rolex GMT Master II duplicate view photo overview. I managed to own fairly a very good Rolex Replica reproduction Rolex GMT evaluation library on my site so be happy to click on the backlink at any time. I likely just like the Rolex rolex replica watches duplicate GMT Learn II over the Rolex Submariner replica view simply because of that more GMT hand and since it tends to make it glimpse a lot cooler compared to common Submariner that everyone goes for. They can be as simple to pass for originals since the very good replica rolex high quality phony Rolex Submariners nevertheless they do Replica Rolex really have to enjoy the portion well simply because we’re conversing right here about two on the most popular watches ever. Cleanse and obvious and looking good much like the first. I always similar to the two-tones better and this yellow gold and stainless-steel two-tone does the trick. Replica Watches Trusted Seller Bezel seems legit and the markings on it look fantastic much too. Markers and arms along with the whole dial is very well cloned. Day magnifier at three o’clock appears legit along with the date clicks nicely when established. Bezel includes a good tick when it rotates plus the bracelet matches the original in total. It is an additional Japanese automatic self-winding movement perfect for an each day wear. Even for occasional dress in you’ll not have to fear about it keeping time due to the fact these infants go for a few superior years and therefore are always dependable. GMT functionality performs like around the original so this wind up currently being a legit clone for your seriously excellent cost. Most likely this can finish up in a single of my cousin’s selection as I understand he’s a major enthusiast from the Rolex GMT Grasp II replica watches. I’ll have him operate for it slightly bit because an excellent searching replica Rolex similar to replica rolex this one isn't going to go away my assortment simply. Know the many small specifics and give-away particulars around the classic types such as this 1 mainly because these are definitely one of the most hunted and many worn originals and replicas alike. Wearing a superb reproduction Rolex GMT will pull attention and suspicion so make sure you know how superior high-quality seems like and have a legit watch.

【法話なのに仏教用語禁止!?】浅草 緑泉寺にて開催された「仏教井戸端トーク」にて笑顔計測をしてきました!

皆さま、こんにちは!

桜が散り新芽が芽吹き始めた421日、浅草の緑泉寺にて「第10回仏教井戸端トーク ~お題法話・仏教用語使用禁止編~」が開催されました!今回はその様子をレポートします。

申し遅れました。わたくし、4月からクウジット末吉さんらと“ハピネス“コラボをはじめた 空実shiawase研究員こと田場です。慶應SDM研究員つながりで、幸福学xテクノロジーxエンタテインメントをテーマに研究活動をしております。先日3/20 に開催された”shiawase2.0”イベントにてクウジットブースを見学し、これだ!と強く刺激を受け空実の門をたたきました。どうぞ宜しくお願い致します♪

仏教井戸端トークってどんなイベント?

「仏教井戸端トーク」とは仏教と地域、あるいはお寺と地域をテーマにしたイベントで、仏教伝道協会の増田将之さんが中心となって2014年から不定期に開催されています。今回の企画は仏教井戸端トークの中でも定番の「お題法話」というもの。来場者から頂いた任意のお題に沿って、即興で法話を説くという「お題落語」ならぬ「お題法話」で、お坊さんが法話をわかりやす~く、おもしろ~く説く、という趣旨で開催されました。

増田さん「お題を上手に使えば感心の声が漏れ、無理やり使えば笑いが起こる。

話を聞く方もお題が使われるから集中して楽しめるし、話す僧侶には、事前に用意した言葉ではなく瞬発力が求められ、お坊さん力アップの研鑽にもなるはず!」

増田さんの熱い想いが込められたイベントです。

今回はIT技術協力として、クウジットは笑顔測定システムを会場に設置させて頂きました。会場の盛り上がりの度合い(笑顔度の高さ)が、リアルタイムでモニタに表示されるようになっています。

モニタの様子。青色のグラフが話者(お坊さん)の笑顔度、緑色のグラフが聴衆(来場者の方々)の笑顔度を示しています。

笑顔が大きくなるとグラフの線が上昇する仕組み

笑顔測定システムについては、過去エントリ(イノベーション創出研究会イベントレポート)にも登場しています。

お題法話・仏教用語仕様禁止編のルールとは以下の通り。

     来場者から頂いたお題を最低1つ盛り込んで、即興で法話を説くこと

     お題は今住んでいる地域か、故郷に関することにすること

     仏教用語は使用禁止!誰が聞いてもわかりやすく説くこと

…おわかりでしょうか。ルール1つだけでも難しいのに、ルールが3つと鬼のようなイベントです。そして、さらに今回は会場の盛り上がり計測までついてどの法話が一番盛り上がったのか可視化されてしまいます。

持ち時間は1人10分。いつも心穏やかに過ごされているお坊さんの心に、さざ波をたてる企画です(笑)。

イベントの様子

今回のイベントの登壇者として参加されたのは以下の4名です。

(左から)天真寺副住職の西原龍哉さん、緑泉寺住職の青江覚峰さん、

なごみ庵住職の浦上哲也さん、淨照寺副住職の平井裕善さん。

1回目のセッションのお題は、「仲見世」「ギネス記録」「バナナのたたき売り」「練馬大根」「緑泉寺」、

2回目のセッションのお題は、「小学校」「ライバル」「富士山」「東京スカイツリー」「婚活」となりました。

1人目:西原さん

トップバッターで最初は緊張されているようでしたが、お話し中に「だからどうした!」と自分でツッコミを入れて笑いを取ってらっしゃいました。お茶目です(笑)。

西原さんは「目に見えない世界」「生きるということ」について説いてくださいました。

2人目:青江さん

2分の間に、5つのお題を全て入れ話を纏める華麗さでした(思わず拍手)。

「阿弥陀如来様の海のよう広い御心について」「行いについて」を説いてくださいました。

3人目:浦上さん

「仏教用語禁止」ルールの発端である浦上さん。「仏教用語禁止にしたら面白そう」とポロリと言ってしまったことを悔やんでおられました…(笑)。涼しいお顔で面白い話を飛ばします。

「聖なる空間について」「仏教とは何か」を説いてくださいました。

4人目:平井さん

「話す順番は最後ですが、考える時間が全くありませんでした」と前置きをしつつ、かなり綺麗に纏まった話をされていました。流石です。学生時代には「勉強してない」と言いつつ満点を取っていたタイプかと思われます(笑)。

「仏さまにお会いするということ」「ご縁について」を説いてくださいました。 

法話セッション開始前は少し緊張感も漂っていましたが、さすが、皆さま手慣れていらっしゃいます。レポータの私自身、お恥ずかしながら今まで仏教について詳しくなかったので「理解できるかなあ」と少し不安でしたが…皆さんの話にすっかり引き込まれてしまいました。あっという間に、2時間の法話セッションが過ぎました!

笑顔度の測定結果は

さて、気になる笑顔度の測定結果は…!

「笑顔度の履歴」波形グラフはイベント全体の笑顔度の履歴を示しています。また「まとめ」数値一覧は、お坊さんと来場者の方々それぞれの笑顔度最大値・平均値の測定結果を示しています。

「まとめ」一覧から、来場者の方々の笑顔度が最大になった瞬間を見ていくと…なんと、一番盛り上がっていたのは、増田さんによる最後の締めの解説(コメント2)でした(笑)。

法話セッションの間は、皆さん真剣に話に聞き入っていることも多かったのが理由です(それをネタ的に美味しいと取り上げる増田さん、流石です)。

法話セッションの間で、瞬間最高笑顔度が高かったのは1回目のセッションでは青江さん、2回目のセッションでは西原さんとなりました。

イベント全体での平均笑顔度は継続して高く、大変盛り上がったイベントとなりました♪

青江さん「お題法話は、過去にも登壇したことがありますが、今回のような企画は初めて。自分の番が来るまで、ネタがかぶらないかドキドキだった。

2回目のセッションが終了したときが私の一番の笑顔だったんじゃないでしょうか(笑)。

今後、笑顔だけでなく法話に集中して聞いたり、共感してくれたりする様子がわかると更に面白そう!」

青江さん・・・全然、ドキドキしているようには見えませんでしたよ~!

大成功の「仏教井戸端トーク」。

イベント開始時は他人だったはずが、終了時は来場者の方・僧侶の皆さん・スタッフが皆、壁なく話している場が出来上がっていました!

笑顔の力によって想いが繋がり、場の一体感が生まれた瞬間を実感でき…「ご縁」に恵まれたことを、ふか~く感じることのできるイベントとなりました。

ご協力いただいた参加者の皆さまおよび関係者の皆様、改めましてありがとうございました!

左から、末吉さん、田場、飛鳥井さん、小野さん。笑顔測定結果と一緒に記念撮影。

*****

こんな素敵なお坊さんとお会いできるお寺に、ぜひ足を運んでみてください。

仏教井戸端トーク :http://bit.mokuren.ne.jp/idobata/

浄照寺       http://www.geocities.jp/namo_amidabutu/index.htm

天真寺       http://tenshin.or.jp/

なごみ庵     http://753an.blog.so-net.ne.jp/

緑泉寺       http://ryokusenji.net/               

*****

The following two tabs change content below.

田場

空実shiawase研究員の田場です。慶應SDM研究員つながりで、幸福学xテクノロジーxエンタテインメントをテーマに研究活動をしています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] ◆第10回仏教井戸端トーク「お題法話仏教用語禁止編」 日時:2017年4月20日(木)19:00(18:30~受付開始) 場所:緑泉寺(台東区西浅草1-8-5 地図) 参加費:1000円 登壇者:青江覚峰(緑泉寺住職)、浦上哲也(なごみ庵住職)、西原龍哉(天真寺副住職)、平井裕善(浄照寺副住職) 司会:増田将之(仏教伝道協会) 協力:クウジット株式会社(クウジット株式会社様のレポートのが詳しいです(笑)) […]