I do adore my Rolex GMT Master II fake watches and I’m often a sucker for any replica watch new Rolex GMT Master II duplicate view photo overview. I managed to own fairly a very good Rolex Replica reproduction Rolex GMT evaluation library on my site so be happy to click on the backlink at any time. I likely just like the Rolex rolex replica watches duplicate GMT Learn II over the Rolex Submariner replica view simply because of that more GMT hand and since it tends to make it glimpse a lot cooler compared to common Submariner that everyone goes for. They can be as simple to pass for originals since the very good replica rolex high quality phony Rolex Submariners nevertheless they do Replica Rolex really have to enjoy the portion well simply because we’re conversing right here about two on the most popular watches ever. Cleanse and obvious and looking good much like the first. I always similar to the two-tones better and this yellow gold and stainless-steel two-tone does the trick. Replica Watches Trusted Seller Bezel seems legit and the markings on it look fantastic much too. Markers and arms along with the whole dial is very well cloned. Day magnifier at three o’clock appears legit along with the date clicks nicely when established. Bezel includes a good tick when it rotates plus the bracelet matches the original in total. It is an additional Japanese automatic self-winding movement perfect for an each day wear. Even for occasional dress in you’ll not have to fear about it keeping time due to the fact these infants go for a few superior years and therefore are always dependable. GMT functionality performs like around the original so this wind up currently being a legit clone for your seriously excellent cost. Most likely this can finish up in a single of my cousin’s selection as I understand he’s a major enthusiast from the Rolex GMT Grasp II replica watches. I’ll have him operate for it slightly bit because an excellent searching replica Rolex similar to replica rolex this one isn't going to go away my assortment simply. Know the many small specifics and give-away particulars around the classic types such as this 1 mainly because these are definitely one of the most hunted and many worn originals and replicas alike. Wearing a superb reproduction Rolex GMT will pull attention and suspicion so make sure you know how superior high-quality seems like and have a legit watch.

Chromebox Commercialで空と実とをつないでみた

AOPEN Chromebox CommercialChromebox CommercialとQ.boardとWebカメラ(以下Chromebox)はGoogle Chrome OSを搭載した商業用の小型メディアプレーヤーです。

今回はこのChromeboxの持つ新たな可能性を探ってみようぞ!おー!

ということで、いろいろなハードウェアやクラウドサービスや開発環境を組み合わせて、IoTのハブとして活用してみました。

Chromeboxでこんなことが出来る

Webカメラが使える

手元にあったLogicool HD Pro ウェブカメラ C920を繋いで、Chromeブラウザ上のJavaScriptからgetUserMedia APIを使って映像を取得することが出来ました。

Unityで開発したWebGL版アプリが動く

アプリの開発スタイルとしてはHTMLやJavaScriptを直書きするのも好きですが、Unityでグラフィカルに作るのも大好きです。WebGL版でビルドすれば動くのでは?ということで早速やってみたところ難なく動きました。

WebGL版のビルドやデバッグのやり方は、UnityのWebGLについてドキュメントを読めばお分かりいただけるかと思います。WebGLの場合直接ソケットが使えない制約などがあるので、Unityのマニュアルに一度目を通されることをお勧めします。

Arduinoが動く

Chromeブラウザ上で動くChrome AppsはUSBデバイスにアクセスするためのAPIが用意されています。(参考: USB Devices)

ChromeboxのUSB端子にArduino Unoを接続して、Chromeブラウザからシリアル通信できるか試してみました。そしてこちらも無事に動きました。

SparkFun社のBlogにChrome+ArduinoというタイトルでArduinoの接続方法が載っていますので、ご参考にしてみてください。

Bluetooth LEデバイスと通信できる!

私たちクウジットが試作している9軸センサーを搭載したスポーツセンサーボード「Q.board」にはBluetooth LE(以下BLE)の通信モジュールが搭載されていて、PCやスマホとの間でセンサーデータをやりとりすることが出来ます。そして何とChromeboxにはBLE対応のBluetooth 4.0のモジュールがビルトインされているので、特別な機器を追加せずともQ.boardが接続できるはずです。

これはChromeブラウザのWeb Bluetooth APIを利用して繋ぐしかない!!

これも簡単に繋がりましたよ!!

画面上の9軸センサーの値が手の動きに合わせて変化しているのが分かりますね!(って分かりにくいですね。次回はGoogle ChartsやD3.jsでイケてる表現にしましょうね)

参考までに、Web Bluetooth APIでQ.boardのセンサー値を取得してコンソールに出力するJavaScriptを載せておきます。

全部合わせてみる

さあ、ここに来て前回公開した記事(UnityからGoogle Cloud Vision APIを使ってみた)のライブラリが役に立つ時がきました。

ChromeboxとUnityとArduino Uno(Q.boardが出払っていたため)とCloud Vision APIと、新登場のコインホッパーを組み合わて作ったシステムがこちらです。どーん!

(くう=Cloud Vision API)で笑顔を認識をして、その結果が(じつ=実際のコイン)になる、それを実現しているのがサービス-デバイス間の連携を取り持つAOPEN Chromebox Commercial。
なんだかとっても素敵でワクワクしますね〜。次はどんな空と実を結びつけよう!

それではまた!!

※今回、最後に紹介した笑顔のインタラクティブデモは、下記のハピネスカウンター研究(東大/ソニーCSL/Koozyt共同創業者の暦本純一先生)の社会実装活動の一環として実施しています。

■ オリジナルのハピネスカウンター研究(東大/ソニーCSL)

研究URL:
https://lab.rekimoto.org/projects/happinesscounter/
https://www.sonycsl.co.jp/tokyo/383/
取材動画
https://youtu.be/3vYqmJPB_4k

■ ハピネスカウンター for ワークショップ(Koozyt)
http://www.koozyt.com/press/2015/pr150316.html

■ ニコニコ学会βFINALでの盛り上がり計測(Koozyt)
http://blog.koozyt.com/?p=6476

■ エミタメ(ISID/Koozyt共同)

http://www.isid.co.jp/news/2012/1210.html
https://www.youtube.com/watch?v=dvQ0dXJyp8s

■ 笑顔認識サイネージ/スマイルバトル(Koozyt)
http://shinbashi.keizai.biz/column/8/

The following two tabs change content below.
某AV機器メーカーの研究職を経て2015年7月からKoozytの中の人になりました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする